VUCA時代  企業や組織で注目されているバックキャスティングで何ができるのか

■なぜバックキャスティングが重要なのか

バックキャスティングがビジネスの世界で脚光を浴びています。
ゴールや目標が明確にない時点からスタートするプロジェクトや課題がありふれているこのVUCA時代において、自分たちでありたい未来を描き、チームの方向性を揃え​​​ることが始める必要性を多くの人々が気付き始めているのです。

■なぜ問いづくりが重要なのか

「問題提起力」「問いをつくる力」が注目を浴びていますが、不確実な時代において、自ら良質な問いをつくることが求められています。またテーマや課題の理解を深め、「自分ごと化」するための手法として昨今注目されています。

■どんな体験ができるののか

自ら問いをつくることでテーマに対して「自分ごと化」し、動き出すためビジョンを作るワークを体験していただけます。多様性を活かしながらも、全員が同等に参画できる特徴があります。

具体的には、
 ●良質な問いづくりやテーマ理解の促進を促す手法(QFT)
 ●50分でできるビジョン形成メソッド(視覚会議)

QFTについては汎用的な問いづくり手法ですが、当社のメソッドと組み合わせることでの相乗効果をご体験ください。

■当社が提供している価値

視覚会議総販売代理店 HackCampでは、共創プロセスを軸に、ワークショップやイベント企画運営、人材育成を通じて、お客様の価値創造や組織改革の実現をサポートしています。

■こんな方におすすめ

・バックキャスティングに関する具体的な実践方法をお探しの方
・方針や戦略策定に関わるご担当者様
DX推進、新規事業開発、人材開発など答えのない課題を取り扱っている方
”ボトムアップ型/自律型組織”  に興味関心がある方や実現を目指す方
・市民や団体との共創を推進したい行政職員の方
・市民との対話の質を向上したい議員職の方

■開催概要

◇日時:こちらよりご確認いただけます
    ※5分前から入室が可能です。お時間までにご入室をお願いします。

◇ツール:Microsoft Teams
    ■会議室URL■ 個別にご案内します
  ※お申込者の方には別途「参加マニュアル」をご案内いたします。
    ※推奨環境:Google Chrome

◇参加人数:3~6名
  ※組織での導入を検討している方を優先的にご案内させていただく場合がございます

◇テーマ:仮)VUCA時代の会議運営のありたい姿

◇費用:無料

◇お願い:
 ・ご期待に添う体験会であるか事前に電話で確認させていただきます
 ・電話ヒアリングをもって、参加受付のメールをいたします
 ・受付メールへの返信対応をしていただいて初めてエントリー完了となります
 ・ワークショップ中、冒頭はカメラをONにしてください

関連コンテンツ