普通の会議と視覚会議は何が違う? ―参加者全員納得の答えが50分で出るまで―

この動画では一般的な会議と比較しながら、視覚会議の特徴を見ていきます。テーマは「シャッター商店街の活性化」について。一般的な会議では議論が堂々巡りになりやすく、なかなか解決策を見出せませんが、視覚会議ならば、50分間で参加者全員が納得する解決策を創り出すことができます。

ビジネスシーンで議論する課題や問題には3つのレベルがあります。

  「単純な問題」 明確な解決方法がある問題

  「複雑な問題」 解決が容易ではないが、目指すところは明らかであり、時間をかければ論理的に解決することができる

 

③「やっかいな問題

解決する必要性が高いが、人間関係や役割などの諸条件に矛盾があったりトレードオフが生じたりする。

新サービス、新規事業の立ち上げなど、これまでにない新しい価値を提供することは、この「やっかいな問題」と言えます。

商店街活性化を阻む「やっかいな問題」

この動画で議論する「シャッター商店街の活性化」は、3つ目の「やっかいな問題」に当たります。シャッター商店街の活性化にはシャッターが閉じたお店を開ける必要がありますが、それぞれのお店にも事情があります。たとえば、年金で生活する高齢のオーナーは無理に店を開けようとはしません。このような矛盾があちこちに生じています。

いかにして解決すべきか、従来の会議と視覚会議の2つの会議で話し合ってみました。従来の会議は課題の抽出から始まって解決策を見出すべく、参加者全員で議論しましたが、制限時間いっぱい使っても結論は出ませんでした。一方、視覚会議は個人ワークと参加者全員でのワークを重ねていき、参加者は積極的に発言し、50分間で明確なゴールを創り上げました

現在の延長線上にはない未来の姿を定義する

2つの会議の最大の違いは問題解決のアプローチ方法です。従来の会議は現在(課題)から未来(解決策)を考えるフォーキャスティングでした。この方法が向くケースもありますが、「やっかいな問題」に取り組む場合には、目先の課題解決が目的になってしまい、進むべき方向性からずれる可能性があります。

一方、視覚会議のアプローチ方法はバックキャスティングです。初めに未来の「あるべき姿/ありたい姿」を定義してから、実現するための手段を逆算して考えることで、目の前の課題や制約条件にとらわれることなく、現在の延長線上にはない未来の姿を定義することが可能です。

視覚会議は、参加者全員で自由かつ創造的に、実現可能性の高い解決策を創り上げる、未来志向型の会議手法なのです。